子育てで大事にしてるコトバ♡

子育てで大事にしてるコトバ
子供は5歳まで思いきり可愛がりなさい
小学校に入ったら距離を置いて少し突き放しなさい
物事の判断を自分でつけられるように。
子供の言い分や理由をよく聞いてから親は意見を言いましょう。
中学生になったら友達になりなさい
高校生になったら何でも言ってもらえる親になりなさい
大学生になったら何でも相談してもらえる親になりなさい
また決して子供の前では主人の悪口は口にだしてはいけません。
そんな風な親子関係を築いていきたいなーって思います
色んな子育ての考え方や価値観があるけど、私達は子どもが小学生になったらあまり子ども扱いしすぎないということを大事にしています
自分のことは自分でする
責任をもつこと
自己管理すること
私は小さい時から、お父さんに自己管理をしなさいと教えられて育ちました
自分で判断して自分で責任を持った行動をするということを教えてもらいました
正直、小学生一年生に自己管理と言われても???って感じでしたが…
今思えば、きっと私のことを信頼してくれていたからこそだと思います
両親は常に、私達をがきんちょではなく…1人の人として見てくれていたんだと思います
今、自分も親になり、その意味が少しずつ理解できてきました。だからこそ、子ども達にも自己管理できる人に成長してほしいなと思います
もちろんサポートや見守ることは必要だけど、子どもが自分で判断していくことはとても大切だと思う
悪く見られたら、放任主義かもしれないけど決して放置しているつもりはなくて…
良く言えば、子どもを子ども扱いしすぎていないだけ、信じて任せている感覚です
信じて見守って、必要なら手助けをする
最近は、物騒な事件も多く、危険と感じることも多く、昔より過保護になってしまう親御さんが多い傾向にある気がします
でも過保護になり過ぎて、子どもを束縛しすぎている様にも見えてしまぅ…
以前海外によく行くお友達の話で、
海外は危険でしょ
ってよく言われるという話。
彼女からしたら、危険なことはどこにでも潜んでいて、それを察知することがより大切なことだと。
日本にいても海外にいてもあまり関係ないんだという話を聞いて
確かにーって思った
過保護になりすぎて、子どもを自分の目の届く所においておくことが本当に子どもにとって良いことなのか…
はまた少し違う気がします
危険な場所なら、必ずちゃんと教えてなぜ危険なのか、間違ったことなら、なぜダメなのかを理解させることが私達親の責任です。
いつまでも、目の届くところにいてくれないのが子どもです。
だって毎日毎日びっくりするほどたくましく成長してるから
もっともっと強くたくましく育ってほしい
自分で考えて判断できて行動できる人に育ってほしい
私達は、少し離れたところから見守って
たまに手助けすることしかできないけど、安心できる場所をちゃんと作ってあげておけばいいのかなーなんて思います
あくまでも、私の子育て価値観なので、そんなの間違ってるわ
って思われてるかもしれませんが、のびのび育ってほしぃのです
仲良いお友達と同じ考えだったりすると、すっごくうれしくなります
きっとそんな風に考える人は少ない気がするから
友達が言っていたコトバですが、
明日、もしお母さんがいなくなったとしても自分のことは自分でできて、たくましく生きていってほしぃと…
早くに母親を亡くされた彼女は、いきなりお母さんがいなくなることだってありえるんだ…
という事実と向き合い感じたことがあるみたいでした
自分が急にいなくなって何もできない子より、強くたくましく生きる子に育ってほしぃって…
彼女の話を聞いていて、放任主義ではなくちゃんと愛があって何より子どものことを信頼してるんやなーって、素直にそぅ感じました
私も同じ様な考えだったからすごく救われました
私は私の思うままの子育てでいいんやーってうれしくなりました
みんな子どもの事が大事だからこそですが、過保護も放任主義も何事も度が過ぎると、間違った方向に向かっていく…
みんなこれで本当にいいんかなーなんて答えの無い中、探り探り壁にぶつかりながら子どもと一緒に歩んでいくものだから
たまに間違ってもいいんやと思う。
ちゃんと子どもと向き合い、軌道修正しながら一歩一歩進んでいけばいいんやと思う
過保護になり過ぎてるかもって思うお母さんは、少し信じて見守ったり
放任しすぎてるって思うお母さんは、少し子どもを見つめてみたり
その都度、臨機応変に軌道修正しながら
お母さんも成長していけばいいんやと思う
私も毎日、軌道修正しながらですが、
色んな価値観に触れながら
子ども達がのびのび育ってくれる環境を
作っていきたいと思います
{71503A99-2E45-4706-9546-DB71C6B78C7D}
love…♡